店舗 Burr-Brown社製 一部予約販売中 OPA627AU 実装品 2回路DIP化オペアンプ完成基板

Burr-Brown社製 OPA627AU 2回路DIP化オペアンプ完成基板 実装品

Burr-Brown社製 【一部予約販売中】 OPA627AU 実装品 2回路DIP化オペアンプ完成基板 894円 Burr-Brown社製 OPA627AU 2回路DIP化オペアンプ完成基板 実装品 楽器、手芸、コレクション 実験、工作 894円 Burr-Brown社製 OPA627AU 2回路DIP化オペアンプ完成基板 実装品 楽器、手芸、コレクション 実験、工作 実装品,OPA627AU,楽器、手芸、コレクション , 実験、工作,Burr-Brown社製,894円,www.seanmichaelsmallman.com,/extenuating521365.html,2回路DIP化オペアンプ完成基板 Burr-Brown社製 【一部予約販売中】 OPA627AU 実装品 2回路DIP化オペアンプ完成基板 実装品,OPA627AU,楽器、手芸、コレクション , 実験、工作,Burr-Brown社製,894円,www.seanmichaelsmallman.com,/extenuating521365.html,2回路DIP化オペアンプ完成基板

894円

Burr-Brown社製 OPA627AU 2回路DIP化オペアンプ完成基板 実装品

※シルク印字タイプ/レーザー刻印タイプ2種類ございます(選べません)※
レーザー刻印タイプもシルク印字タイプのチップ同様、同じくバーブラウン社時代の製造・同一のプロセスルールにつき音質に影響ありません。シングルオペアンプ OPA627AU(SOPタイプ)2個をNFJオリジナル設計の2回路化基板に実装し、2回路8PinDIPオペアンプ化したオペアンプ完成品です。

OPA627オペアンプICはBB社時代製造のビンテージタイプとなり、現行のチップとくらべてプロセスルールが違い、内部配線が太いため中古パーツながら一部の間で非常に人気の高いオペアンプICです。

製品の特徴
・バーブラウン社時代のIC
・ソケット周りのコンデンサ等と干渉しないソケットサイズ設計
・回路を極力太く設計したNFJ専用設計基板
・オペアンプIC以外の部材は新品で構成

製品仕様
販売単位:1個
オペアンプ:Burr-Brown社製 OPA627AU ×2(両面実装)
外形:DIP-8P
動作電圧:±4.5V〜±18V
回路数:2回路
サイズ:約10.5mm×9.8mm×12.2.mm(突起部を含む)
重量:1.4g









2022/4/28:シルク印字タイプが再入荷しました!現在はシルク印字タイプの販売となっております。

【製品仕様】

販売単位: 1個
オペアンプ: Burr-Brown社製 OPA627AU ×2(両面実装)
外形: DIP-8P
動作電圧: ±4.5V〜±18V
回路数: 2回路
サイズ: 約10.5mm×9.8mm×12.2.mm(突起部を含む)
重量: 1.4g

NFJストア@ヤフオク店はこちらから!NFJストア公式ブログはこちらから!NFJ公式フェイスブックページはこちらから!NFJ公式ホームページはこちらから!

Burr-Brown社製 OPA627AU 2回路DIP化オペアンプ完成基板 実装品

DAC-SQ5Jに1枚だけ換装していたのですが、更に2枚換装してみました。結論からいいますと、最初から3枚換装しておけばよかったです、それくらいイイ! 1枚と3枚では明らかに音のリアリティが違う!楽しい!繰り返します。最初から3枚換装しましょう、そのほうが感動が大きいと思います。1001Jx2の方も換装予定で、楽しみです。 ★追記:1001Jx2の方も交換しました。やはりイイ!こちらの交換も必須かと思います。リアリティと定位の向上が顕著です。そりゃもう全然違います!交換する手順ですが、ゲイン調整用のノブをペンチで挟んで引っこ抜いた後、固定用のナットを外します。次に前面の六角ネジをL字型レンチで外し、後面のサイズが違う六角ネジもL字型レンチで外そうとしたのですが、ひとつだけ締め付けが固く、穴をなめてしまいました。どうしよう・・、と焦ったのですが、六角レンチドライバーを所持していたことを思い出し使ってみたところなんとか外せました。最初から六角レンチドライバーを使っておけばよかったです・・。このように交換には少し手こずりましたが、その出音は感動モノですよ!
3個目の購入です。5月にアンプの調子が悪くなり、FX-AUDIOさんにメールでご相談の上、TUBE-00J LIMITEDとFX-2020A+ CUSTOMをセットで購入。透き通るような音に魅了され、さらなる高みを目指すべくOPA627AUを2個購入し、DAC(TOPPING D10)とFX-2020Aのバッファ側に導入しました。煌びやかに音が輝き、特に吹奏楽やJAZZを聴くと、まるでホールの特等席で音楽に包まれているような錯覚に陥りました・・・トーンコントロールをONにさえしなければ!!トンコンONのくぐもった音に耐えられなくなり、今回追加で1個購入し、トンコン側に導入♪ さらにAT-02Jも購入しDACとTUBE-00Jの間に入れ、TUBE-00Jのボリュームを最大、FX-2020A側で音量を調節する形にしたところ、トンコンをONにしてもほとんど音が曇らなくなり、逆に高音が抑えられ落ち着いた雰囲気に♪ JAZZ・クラシックではトンコンOFFで繊細で輝く音を、POPSやロックではONにして低音増量!!良い感じで使い分けができるようになりました!かなり出費しましたが値段以上の音に大満足です。
さて、FX-502J Pro のオペアンプを、TI製LM4562に交換して満足したのが、ほんの3週前。 そのときのレビューに、「OPA672AUも気になるけど、しばらくはこのままのつもり」と投稿したのは、間違いなく、自分。 でもね、試したくなったですよ、やはり。ゾロ目で安く手に入ったし。 面倒だから、抵抗値とかは計測してないので、真贋は不明。そこは、NFJさんの信用の話。 で、交換を済ませてみての第一印象は、 え?大して変わらないんじゃない? でもね、ハイボール片手に、フリッチャイのベートーベンを聴いてると、何かが違う。半信半疑で、ベームのブラームスを聴いても同じ。ならばと、お気に入りの男声合唱を流してみて納得。あ、とてもニッチな嗜好なのはご容赦を。 そう、LM4562よりも音が柔らかい。それでいて、楽器やパートのそれぞれの音はちゃんと立っていて、でも、全体のハーモニーは崩れずに再現される。 音は、LM4562と微々たる違いでしかないのだけど、LM 4562は言うなればモニター的、OPA672AU は作品的。 そんなことを考えながらレビューを入力してたら、いつの間にか、ハイボールは2本も飲み干しちゃってた。
取り付けは非常に簡単で、TOPPING D10 USB DAC に元から付いているオペアンプを抜いてから、差し込むだけです(DIP-IC 引き抜き工具は必須)。試聴は YAMAHA A-S801 プリメインアンプに内蔵のDACと比較しました。A-S801に元から付いているDACは、中高域がスッキリとして、解像感が有り、見通しの良い音です。良い意味で少し線が細いような感じです。Burr-Brown社製 OPA627AU に差し替えると、高域から低域までバランスが良く、上品に響き渡るような感じがしましたが、私の持っている安価な機材では、好みの問題程度しか変わらない感じでした。ただ、耳障りな音は一切出さないので、接続する機器のグレードが上がれば上がるほど実力を発揮し、さらに音質も上がるような感じがします。日清紡のMUSES02も比較試聴してみたいものです。

CONCEPTコンセプト

まちごころにふれるてい

新しきことの歴史

「伝統と進取しんしゅの気風を併せ持つ」と言われる京都。
故くから“残っているもの”は、
この古都の魅力ですが、
それは常に新しいものに挑戦し、
伝統に変えてきた歴史の積み重ねです。
茶の湯の心でお迎えする邸宅〈=茶邸〉では、
京都での主客一体が最高の時となるように
趣向を凝らしています。
“残っているもの”ではなく、
“新しきこと”に目を向ける京都の一面に触れ、新たな挑戦に向かいたくなる。
そんな体験をご用意してお待ちしております。

詳しく見る

EXPERIENCEアゴーラ 京都四条/アゴーラ 京都烏丸の体験

ようおこしやす。

京都の町衆の活気を思わせる「アゴーラ 京都四条」
数寄者が好む、少し落ち着いた「アゴーラ 京都烏丸」
ふたつの館でそれぞれに滞在をお愉しみください。

アゴーラ 京都四条

京都を東西に貫き、祇園祭の山鉾巡行の舞台となる四条通りに面して、広く開かれたデザインが、職住一体の建築として受け継がれる京町家のエッセンスを取り入れた佇まい。

詳しく見る

アゴーラ 京都烏丸

大通りから少し入った場所で、落ち着いた風貌を見せるファサードは、趣味人たちが好んだ数寄屋造りのエッセンスを意識したもの。上品なカウンターレストランは、現代趣味人のために。

詳しく見る

LOCATION & ACCESSロケーション&アクセス